なぜ、おやじ化するのか?

なぜおやじ化するのか?
男性がおやじになるのは、どうしてだろうか?
一番の原因は、自分に構うをやめてしまうからだろう。


若い頃はそれなれに身なりに気を遣っていたはずだ。
「かっこよくなりたい」「女性にモテたい!」「あいつには負けたくない」などなど・・
そして自分の見せ方を考える。

しかし自分に構わなくなった時、会社の女子社員からは「あれぇ?居たんですか?」と印象が薄くなり、家に帰れば自分と同じように容姿に構わなくなった妻がおり、年頃の子供には「お父さん、臭くない?靴下あっちで脱いでよ」と煙たがれるのである。


確かに街を見渡せば、肩にフケが落ちていようと気にしないおやじが居ると思えば、
洒落たスーツケース片手に颯爽と歩いているおじ様と2種類に分かれつつある。

女性から見たこの二分化は
おじさんより下=おやじ
 と おじさんの上=おじ様 に呼び名も変わる。
たかがおやじ、されどおやじの分かれ道である。

いくつになってもお洒落心を忘れない男性だけが、おやじと呼ばせない
おやじと呼ばせない男は、年齢など関係なくモテルのだ!
                                                 ▲ページトップへ
モテる男の基本編
たかがおやじ、されどおやじの分かれ道
いい男になるための基本編
そんな貴男のここがダメ!
HOMEへ戻る


INDEX

いい男になるための基本編

おやじ臭いと言わせない

男の香水のつけ方、選び方

男の服・メンズファッション

男の粋な鞄
男の下着
男の下着を考える

男も口元は重要だ

男のためのスキンケア

男の髪はこれでキメる
男の健康・男のダイエット
男の健康・男のダイエット

サイトについて

商品について

リンクについて

リンク集

お問い合わせ

  おやじから、
  いい男になるために!

  
    その道のプロが、あなたをガイド。All About

 All About
 「大人のイイ男」とは?
 男の個性を印象づける香りの愉しみ方
         で

いい男になるための基本編
男の香水・香り選びの基礎講座
香水のつけかた・選び方     

     が紹介されました。

スーパーブランドストリートへ

イタリア製鞄・吉田かばん・ブリーフケースなど

粋な男を目指す男性は、型崩れしにくい鞄やバッグも重要アイテム。

こだわりを持つ男の鞄は
           ≫続きはこちらから



 だから、あなたは嫌われるのです!
だから、なたは嫌われるのです!
最近、昔の様にモテなくなった。
会社の女の子からは一歩引かれているようだ。
妻も出会った時のように相手にしてくれない。
なんで?
「だって精彩が無いんだもん」 チャンチャン!!
と終わってしまっても仕方がない。
精彩が無いとはどういう事か・・・
自分に自信が持てなくなっているから、あなたが発するオーラが弱いのだ。

「顔が良くないから」、「背が低いから」、「だから俺はモテないんだ」なんて思っている男性もいるだろう。

しかし!
女性は男性の容姿よりも、男性から受ける雰囲気や人柄を重視する。
顔が良くても、だらしない男性などは対象外なのだ。

ではどうすればいい?
まず自分の雰囲気作りだろう。
そのためにはまず何をすればいいか?
人に不快感を与えない。これを一番に挙げたい。

清潔感の無い男性の側に、ずぅーっと居たいと思う女性はまずいない!
いるとしたら、彼女自身も不潔な生活に慣れているか、あなたの事をすべてを受け止めてくれる人だろう。
しかしこれにも限度がある。
普通なら「お願いだから風呂入れ!歯を磨け」だ。

女性が嫌いな代表格と言えば
臭い・汚い・だらしない
特に臭いに関しては、男性よりも女性の方が敏感という実験結果まである。
(これに関しては「おやじ臭いと呼ばせない」を参照して下さい。)

まずは身なりを整える事から、かっこいい男(モテル男)を目指してみてはどうだろうか?
                                                 ▲ページトップへ

 おやじから、いい男になるために!

おやじから、いい男になるために!まず、身だしなみを整えて、第一印象を良くする。

散髪にいくのもよし、ワイシャツを毎日取り替えたり、ネクタイも色・柄を違えて揃えておきたい。
スーツも何着かは必要だろう。

ただし、高級な物でなくてもいいのだ。
あとはあなたのセンスが光る、小物を使う。ちょっとした小技ですね。

この小物使いで男性の印象がグッと変わる。
全身ブランドだらけでキメたつもりでも、相当のセンスと着こなす容姿がなければ、
ただのイヤミな男になるだけだ。

他の男性があまり持っていない、小物でさりげなく差をつける。
これだけでも、あなたは印象づけられる。
あなたの雰囲気が作り出されていく。

自分の時間も大事にしたい。
子供の頃、夢中になった遊びを思い出しながら、静かなブームを呼んでいる遊びに興じてみるのもいいだろう。
又、美味しい酒や手作りビールで、自分だけの時間・オリジナルの味を楽しむのも
いい・・・
そんな時間があなたの色(雰囲気)を作っていくのだ。

あなただけの雰囲気作り
ちょっと試してみてはどうだろう。


                                                 ▲ページトップへ
Copyright 2005 〜おやじから、いい男になるために!〜 All rights reserved.


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO