男の香りのつけ方・選び方
香りの選び方

・自分のために香りを選ぼう!




エゴイスト プラチナム(シャネル)

香りを身につける時は、周りの嗜好など考えず、自分の好きな香りを選ぼう!
「今流行っているから」「周りの人がつけていたから」などの理由で、自分の香りを選ぶのはやめよう。
香りはあなたの雰囲気作りに重要なアイテムだ。
いろんな種類の香りを試してから、自分の香りを決めていこう。

香水は、朝つければ、夕方まであなたの体を包み込む。
自分が心地よいと思う香りでなければ、香りに酔ったり、気分が重くなるなどの逆効果になる。
自分が気持ちよく居られる香りを探すのが、香水を上手に身につける第一歩だ。

                                                  ▲ページトップへ
・香りを選んでみよう
まず自分がつける場所にふさわしい香水、こんなイメージの香りがあるかと、販売員のお姉さん(お兄さん?)に聞いてみよう。
いくつかの種類を出してくれたら、2・3個選んで自分の手首の内側などへ少しつけてみよう。
ここで一度に5種類などと、いくつも試してはいけない。
なぜなら
人の鼻が香りを嗅ぎ分けられるのは、せいぜい2・3種類だからだ。

よく香りを嗅ぐための紙が用意されているが、香水は自分の体臭と混ざり合って、自分独自の香りとなるので、必ずしもそのままの香りが持続するというわけではない。
同じ香水でも、つける人の体臭によって、香りは微妙に変わってくる。(詳しくは香り選びの基礎講座へ)
また香りは時間とともに変化するので、手首などにつけてから30分くらい経ってから、もう一度嗅いでみよう。
その時の香りが、香水の中心となる香りとなる。
そしてラストノート。この時の残り香は、最後まで身にまとう香りなのでここもチェック。
自分が心地よく居られる香りでなければ、最後に香りに酔ってしまう事もあるので、香水選びは念入りに行おう!
これも自分の香りと出会うまでの、大切な道のりなのだ!
「これだ!」と思う香水が見つかったら、男の香水で見てみよう。
ネットならずっと安く購入する事が出来る。

「えーい!こんな面倒くさい事はやってられない!」という男性は・・・・
ミニ香水を選んでください。
お手頃価格なので、何種類も揃える事ができる。
その中から気に入った香水を、自分の香りとして決めたら、通常の容器の香水を購入すればよい。


・初めて香水を選ぶ男性は、オー・デ・コロンかオー・ド・トワレから

初めて香水をつける男性は、オー・ド・トワレあたりから試してみたらよいだろう。
香水に近い香りを楽しむ事ができる。(詳しくは香り選びの基礎講座へ)
さりげなく香りを身にまといたい男性は、同じ香りのオー・デ・コロンや香水入り石けんの併用で・・・
オー・デ・コロンは香りが薄れるのが早いが、同じ香りの石けんを使うと香りが持続する。
同系列の違った香りを、新たにつける事も出来る。
香りに慣れたら、仕事の時はオー・デ・コロン、プライベートの時間にトワレを使って、香りを変えるなどと使い分けたい。


・香水はスプレー式の容器に移し替えよう!

香水は空気に触れると香りが変わるので、スプレー式の容器に移し替えて使うのが良い。
コンパクトな容器も出ているので、携帯にも便利だ。

                                                  ▲ページトップへ
香りのつけかた

男性も女性も、香水の付けすぎで、自らが臭いの元になっている人が多い。
いくら良い香りでも、適量を超えれば、周りの人によっては悪臭にしかならない。
一番理想的な香りのつけ方は、自分が動いたとき、すれ違ったときに、フッと香るのが一番良い香りのつけ方だと思う。
横にすわった時や電車に乗った時から、香りの
固まりでは、品も知性も感じられない。

特に男性は、香りには注意が必要だ。
なぜなら
女性のつけている香りを邪魔しては、相手の女性はあまりいい印象は持たない!

自分のパートナーが、いつも同じ香りをつけていたなら、その香りに近い物を選ぶと、デートの時に香りが邪魔しない。
相手の香りに邪魔にならず、自分の香りも楽しむという香水のつけ方を身につけてほしい。

                                                  
▲ページトップへ
香りをつける場所

基本的には、鼻の近くにつけるのは避けよう。
両肩から鼻を結ぶ首や顔は少量でも、強く感じられ、香り酔いしてしまう事もある。
また頭や脇、足など汗をかく場所も避けよう。

つける場所としては、耳のうしろ、うなじ、胸、腕の内側、ウエスト、足首など。
これも自分で一番よい場所を試しながら探していこう。
足につけると、下からほんのり香りが昇ってきて、身体全体を包む。
ハンカチにつけて、内ポケットにいれても良い。
この2つはオススメのつけ方だ。
香りがほのかに身体を包む。
私の知っている男性は、ネクタイの裏につけていた。
衣類に付けるときは、シミにならないかを確かめてからにしよう。

賢い香水のつけ方で、あなたのセンスを磨いてほしい!




                                                  ▲ページトップへ
  

男の香水のつけ方・選び方
男の香り選びの基礎講座
男の香りのつけ方・選び方
男の香水

  
    おやじから、
いい男になるために!
 は

     その道のプロが、あなたをガイド。All About

  All About

 「大人のイイ男」とは?
 男の個性を印象づける香りの愉しみ方
         で

いい男になるための基本編
男の香水・香り選びの基礎講座
香水のつけかた・選び方  

    が紹介されました。

ズバリ!もてる香水
第1位




スカルプチャーオム(ニコス)

第2位




ウルトラマリン(ジバンシー)

第3位



エゴイスト(シャネル)

男の香水.com  男の定番。男の逸品が選べる香水専門店。より

魅惑のフェロモン香水




AGEHA Black



フェロチカホーク(無香性)


INDEX

いい男になるための基本編

おやじ臭いと言わせない

男の香水のつけ方、選び方

男の服・メンズファッション

男の粋な鞄
男の下着
男の下着を考える

男も口元は重要だ

男のためのスキンケア

男の髪はこれでキメる
男の健康・男のダイエット
男の健康・男のダイエット

サイトについて

商品について

リンクについて

リンク集

お問い合わせ



香水選びに迷ったら・・・


1個からでも送料無料








Copyright 2005 〜おやじから、いい男になるために!〜 All rights reserved.




アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO